自然に治す!?病院に行かない

うつ病の誤った治療法

元気がないからといって、周囲の人間が励ましたり無理に旅行などへ連れ出すことは禁物と言えるでしょう。うつ病は、単なる気持ちの落ち込みとは異なります。精神論ではうつ病を治すことはできません。うつ病の専門医に行かず、自己流の治療法を用いることは危険です。うつ病治療で重要なことは、患者の症状を客観的に把握することであり、専門的知識を有する第三者の視点を欠いたまま素人判断で治療しようとすることは無理があるからです。

うつ病治療において、患者本人の自然治癒力を回復させることは重要ではあるものの、ほっておけば自然に治るわけではありません。休養も大切と言えますが、ひたすら寝ているだけではネガティブな感情に支配されることになり、症状が悪化するおそれがあるのです。だからといって、環境を激変させることもおすすめできません。過剰な環境変化は、患者の気持ちを動揺させることがあります。

うつ病治療には受診が不可欠

うつ病になると、自分の感情だけでなく、行動も制御できなくなることもあります。患者本人の意志とは無関係に自死に至るリスクがあることを忘れてはいけないのです。このような深刻な疾病であるにもかかわらず、精神科や心療内科に行って受診しても意識が朦朧とする薬物を投与されるだけだという勝手な思い込みで、通院を拒むことはおすすめできません。たしかに、うつ病治療に利用される薬物については様々な副作用が報告されているのは事実です。

しかし、精神安定剤や抗不安薬を上手く使えば症状が改善する症例が多く報告されているのです。うつ病の専門医に相談すれば、薬物療法のほかにも行動療法など患者に適した治療法を紹介してくれるので、症例が重篤化しないうちに受診することが重要です。効率的にうつ病を治すためには、専門医が十分な聴き取りを行った上で、患者に最適の治療法を施すことができる精神科や心療内科の受診が欠かせません。

© Copyright The Best Way To Treat Depression. All Rights Reserved.