治療を避けてはダメ!まずは向き合うことが大切

頑張り屋さんほど難しいうつ病を受け入れるということ

真面目で頑張り屋な人ほど、うつ病になってしまったときに受け入れることが難しいといいます。まさか自分がうつ病にかかるとは思ってもみないため、素直に向き合うことができず、ごまかしながら生活を続け、結果的にうつ病の重症化を招いてしまうことが多いのです。そのため、真面目で努力家という性格が強い人の場合は、うつ病である自分を受け入れることから始めなければなりません。自分がうつ病になるはずがないといった固定観念を捨て、うつ病になってしまった自分を受けとめることでようやく治療のスタートラインに立てます。その後は、心療内科の医師とのカウンセリングを通じて、自分の置かれた状況を客観的に把握することで徐々に症状が改善していきます。

うつ病を受け入れ適切な治療を開始する

真面目で頑張り屋な人ほど、うつ病を患った自分を受け入れることにハードルの高さを感じてしまいます。しかし、ありのままのうつ病の自分を受け入れなければ、治療をスタートすることは難しいため、まずは自分を受け入れるということから始める必要があるのです。こうした人物の特性を心療内科の医師も理解していることから、治療を決めたということだけでも、良く決心したね、というように温かく受け入れてくれるので心配する必要はないのです。たしかに、本人にとってうつ病を認めることは辛いことかもしれませんが、自分と向き合うことが何よりも大切なのです。カウンセリングと投薬による治療を通じて、自分の心の病と向き合う事ができるようになります。

© Copyright The Best Way To Treat Depression. All Rights Reserved.